使えるサイトを作るコツ

 以前の記事、「アクセスが勝手に増える要素を持つサイト」の例として、「使えるサイト」の中でも「ほしい情報が載っているサイト」と言うのを挙げましたが、今回はこの「ほしい情報が載っているサイト」を作るコツについて、私なりに考えてみましたので紹介しますね。

 ●使えるサイトを作るコツ

 具体的な例があった方が良いと思います。このブログは、ディスカバリーネットへの取り組みをテーマにしたブログなので、今回はディスカバリーネットを例にして考えてみますね。

 
どういう人を対象にするか
 まずは、相手がどういう情報をほしがっているかを知るのが大切だと思います。そのニーズにマッチした情報であれば、間違いなく相手は見てくれるからです。そういう意味では、どういうニーズを持っている人を対象にするのかをしっかり決めるのが大事になってきますね。

 でも、どういう人を対象にするかは、とても悩むところです。

どういう情報を提供するか
 「ほしい情報が載っているサイト」と言うのは、サイトを運営する側の立場で考えると、「ほしがっている情報を提供するサイト」になると思います。

 より多くの人が欲しがっている情報を提供するのがいいのでしょうが、自分がその情報に詳しくなかったり、あえてサイト運営のためだけに情報を調べるのも大変です。無数にある情報を選ぶのも大変ですし、もともと興味のない情報であれば、調べることだけでに疲れてきます。

 どういう情報を載せるのか・・・悩むところです。

自分と同じニーズを持つ人を対象に
 私が実際にやってて一番簡単で楽だと思うのは、実際に自分が今取り組んでいることをテーマにして、同じように取り組んでいる人を対象とすることだと思います。

 うちのサイトを例に挙げると、このブログは私自身がディスカバリーネットに挑戦し、その様子を公開していくことをテーマにしています。そして、同じようにディスカバリーネットに挑戦している人や興味を持っている人を対象にしています。

 これって、ものすごく運営が楽なんですよね。だって、自分が経験したことをそのまま記事にしているだけですから。サイト運営のためにわざわざ情報を調べるというよりも、自分が取り組むにあたって使った情報や調べた情報を載せていけばいいので、無理も無駄もありません。

 ディスカバリーネットについて知りたい人や、ディスカバリーネットをどうやって進めていこうか迷っている人にとってみれば、結構魅力的なサイトに見えるかもしれませんね。


関連情報であればなんでもいい
 ディスカバリーネットの情報サイトをされている方から、こういう質問を頂くことがあります。

 「ブログに載せるネタがない」

 いざ自分が挑戦しているディスカバリーネットのブログを作ってはみたけど、ディスカバリーネット自体の説明記事をいくつか書いたところで行き詰ってしまい、あとは他のお小遣いサイトの情報や自分の日記ばかりになってしまった。こういった方が結構多いようですね。

 でも、思うんです。結構自分で内容を選んでしまっているんじゃないかって。全く関係のない情報を羅列するのは問題がありますが、もし少しでもサイトテーマに関係があれば、それは関連情報として扱えるはずです。(関連があるように見せるのもテクニックですけど)

 例えばディスカバリーネットの取り組みをテーマにした私のサイトでは、こういった情報を扱っています。

【挑戦日記】
 ディスカバリーネットに関すること。特に自分が感じた部分など。
【アクセスアップ】
 アクセスアップツールやノウハウの紹介。実際のツールの検証報告からSEO対策情報まで。
【宣伝手法】
 調べた宣伝方法や、自分なりの考えた、アイデアなど。
【おすすめ書籍紹介】
 取り組むにあたって調べた本でよかったものを紹介
【お小遣い】
 一緒にやって効果のあったお小遣い情報の紹介
【ブログ運営】
 ブログの使い方や新機能の紹介。使えるブログアイテムからバナー作成まで。
【使えるニュース】
 インターネット上にあるニュースで、少しでも関連のある情報を紹介する。
【リンク集】
 自分が情報を調べるにあたって、利用した使えるサイトを紹介。

 どれも、私がディスカバリーネットに取り組む上でかかわってくると思えた情報です。

 要は、自身がディスカバリーネットに取り組むにあたって利用した情報は、全て使えるネタとして掲載できるはずなんです。これが実践報告系ブログのいいところだと思います。

 始めてブログを立ち上げるとします。色々悩みますよね。でも1回立ち上げればもうコツはわかるはずです。こういった情報は、自分としてはもう使うことはない情報かもしれませんが、実はこれからブログで活動しようとする人にとってみれば、事前にわかっていればかなり使える情報です。

 もし、ブログへの画像のアップロードの仕方がわからなくて、色々調べた末にうまくいったとします。この情報も既に「使える情報」になります。必ず同じように悩んでいる人がいるからです。

 アクセスアップはこういうビジネスをする上では、大事な要素です。あるサイトで、自分のサイトの検索順位を調べるツールが紹介されていたとします。自分で使ってみて役に立ったとすれば、同じように役に立つ人がいるはずです。

 全て他のサイトの記事を紹介しまくるのもありだと思います。(最後に少しだけでも自分の考えを書く必要はありますが・・・)

 こうやって数え上げればキリがありません。ディスカバリーネットをやる上で今まで知らなかったことを知ったとすれば、それが2〜3行で説明できるようなちょっとした情報であっても、今後同じような経験をするであろう人にとっては、全て使える情報になります。

 あなたの経験は、実は全て使える情報なんです。気がついていないだけで。それをまとめるだけで、簡単に充実した使える情報サイトになってしまいます。


 あなたも、自身の経験をうまく活かした情報サイトを作ってみませんか?必ずアクセスは増えてくると思いますよ。お試しあれ!


参考になったと思う方は、応援ポチをお願いします。(^O^)/

ブログランキング


挑戦!ディスカバリーネットへ戻る

posted by ひろみ at 16:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクセスアップ

【PR】
これを読んでるあなたも是非一緒に
ディスカバリーネットに参加しませんか?
一緒に稼ぎたい方はここをクリックしてくださいね。
ディスカバリーネット

この記事へのコメント
ディスカバリーネットの素材使わせて頂きたいと思います。このサイトをみて勉強させて頂きます。
有り難うございます。
Posted by 尾末 学 at 2006年09月02日 00:29
尾末さん、こんばんは〜
素材は自由に使ってくださいね。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。
お互い頑張りましょうね〜♪
(^_^)v
Posted by ひろみ at 2006年09月04日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。