相互リンクの効果とポイント

 世の中には色々アクセスアップの方法がありますが、個人的には長い目で見ると、良い相互リンクを増やしていくことが、リピータを増やし結果的に一番のアクセスアップにつながっていくと思います。

この相互リンクは、検索エンジンの上位表示の条件
 @多くのサイトからリンクされているサイトはいいサイト
 Aページランクの高いページからリンクされているサイトは
  いいサイト
・・・を満たす上でも大事な要素です。

 特にサイト立ち上げ時には、うまくいけば即効性のあるアクセスアップになりますし、何より一緒にやっていけるいい仲間作りになります。友達が友達を増やしていくなんて、宣伝効果は絶大ですよね。

 今回は相互リンクするためのポイントと申し込みのマナーについて紹介しますね。

■相互リンクサイトの選び方

 相互リンクを申し込む時は、まず次のことを考えて選んでください。

  「あなたのサイトのジャンル」

 もしあなたのサイトのジャンルが「ネットビジネス」であれば、相互リンク先も同じ「ネットビジネス」のサイトを選んだ方がいいと思います。なぜなら同じジャンルのサイトには、その情報を求めてくる人が集まりやすいからです。

 ただネットビジネスに特化して言えば、「ディスカバリーネット」の相互リンクよりも、もっとカテゴリ的に上位の「ネットビジネス」全般で選んだ方がいいかもしれません。他のネットビジネスをやっていたり、興味を持っている人は、当然ディスカバリーネットにも興味を示してくれるからです。

 更に可能であれば、サイトとしてある程度人気のあるところと相互リンクを張れるとアクセスアップという点ではかなりの効果があるでしょうね。ただ、そういうところは色んなサイトから相互リンクを申し込まれていると思いますので、相手にされないこともあるかもしれませんが、是非勇気を出して申し込んでみるといいと思います。

■申し込み時のマナー

 相互リンクを申し込む時は、相手の方に対してある程度のマナーが必要です。あくまで相互リンクは好意と好意のつながりです。申し込んでも相手にはそれに答える義務はないからです。なので、申し込む場合は誠意を持って、もしことわられても逆恨みなんかしないで下さいね(^_^;)

私の考える申し込む時の注意点です。

@自分のサイトに先に相手のサイトへのリンクを張っておく。
A相手のサイトオーナーには、個別の文面でメールやコメントを送る。
B相互リンクはだめもとなので、しつこくリンクの催促をしない。

 特に相手への申し込みの文面は、誰に送っても差し支えのないような内容だと、相手は興味を示してくれないどころか、不快に思うかもしれません。場合によっては、スパムと勘違いされて無視されることもあります。

私が考える文面として入れておきたいポイントはこんな感じです。

  @丁重に挨拶と自己紹介をする。
  A相手のサイトの中で好きなところを伝える。
  Bリンクを張った旨を伝える。
  C相互リンクのお願い。
  D自分のサイトと連絡先を伝える。

 この点を注意して、あとは誠意と熱意を込めて書けば相手にもいい印象を与えると思います。そして、もし相互リンクを張ってもらうことが出来たら、自分のサイト作りをしっかり頑張っていくことが、相手に対する感謝の印を表すことになると思います。

 相互リンクは、インターネットならではの素晴らしいコミュニケーションのスタイルです。相互リンクをとして、お互いに発展できる関係を築けるとしたら、こんなにいいアクセスアップの方法はないですよね。

 あなたも、折角サイトを作るなら、いいネットワークを築いてみませんか?


参考になったと思う方は、応援ポチをお願いします。(^O^)/

ブログランキング


挑戦!ディスカバリーネットへ戻る

posted by ひろみ at 02:30 | Comment(2) | TrackBack(2) | アクセスアップ

【PR】
これを読んでるあなたも是非一緒に
ディスカバリーネットに参加しませんか?
一緒に稼ぎたい方はここをクリックしてくださいね。
ディスカバリーネット

この記事へのコメント
ひろみさん、ブログを始めるまで、大変お世話になりました!!
私もやっとブログを始めました♪
他の皆さんのブログを見ると、格の違いに愕然としますが、なんとか地道に勉強しながら頑張っていきたいと思ってますので、1度見てやってください!!(笑っちゃう位酷いかも(A´・ω・)フキフキ・・・・・)

そこで、相互リンクなるものをしたいのですが、どうすればひろみさんにしていただけますか??まだまだ駆け出しのブログじゃだめですかね??


私がディスカバリーを始めるにあたって、とても助けていただいたサイトなので、是非お願いしたいと思ったのですが・・・。

 @丁重に挨拶と自己紹介をする。
 A相手のサイトの中で好きなところを伝える。
 Bリンクを張った旨を伝える。
 C相互リンクのお願い。
 D自分のサイトと連絡先を伝える

と、記事にありましたが、リンクを張ってから事後報告(違うのかな?私はそう解釈してしまったのですが・・・)でいいのでしょうか?
あと、自分のサイトと連絡先というのは、ブログのURLとメールアドレスでよろしいのでしょうか?
いつも質問やお願いばかりですいませんm(。_。;))m ペコペコ…
Posted by ぽんち at 2006年08月10日 00:29
ぽんちさん、おはようございます。

最初は誰でも駆け出しですので、気にしないでください。相互リンクの件、了解です。早速こちらからも張らせて頂きました。今後ともよろしくです!

折角なので、相互リンクについて・・・

実は自分のサイトからリンクを張るのは、承諾は一切必要ないんです。よく「リンクを張っても良いですか」と言う人がいますが、どうもこういう習慣は日本だけのようです。(^_^;)

逆にリンクを張ってもらえると、検索エンジンでの自分サイトの評価も上がるので、嬉しいことなんです。なので、相互リンクの依頼は、先にリンクを張ってから申し込んだ方が印象がよくなるんだと思いますね。そういう意味では事後報告で問題ナシです。

「自分のサイトと連絡先を伝える」のは、メールで申し込む場合は、自分のサイト名とURLだけですね。コメントの場合は、自分のサイトに自分のメールアドレスが掲載されていれば大丈夫です。いざという時に連絡が取り合えれば良いだけですので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

大事なのは、相手に自分の誠意が届くように努力することだと思いますので。(うちの場合は、あまり気にしなくても良いですよ〜)

長くなっちゃいましたが、アクセスアップという意味だけでなく、人と人の出会いをつなぐという意味でも、相互リンクに力を入れることは、サイト運営にとって大事なポイントだと思います。これからも、お互い頑張りましょうね。

今後ともよろしくです!(^O^)/
Posted by ひろみ at 2006年08月12日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6538386

この記事へのトラックバック

相互リンクをするには・・・
Excerpt: 前回、「アクセスアップ・相互リンク」で、相互リンクとはどういうものかをお話しました。 今回は、相互リンクはどういう流れですればいいかをお話したいと思います。 相互リンクは、2つのサイトを結ぶリン..
Weblog: ディスカバリーネット~初心者編~
Tracked: 2006-09-30 03:53

相互リンクの表示
Excerpt: 相互リンクをして頂いた相手のサイトのリンク、 皆さんどの様な順で表示していますか? 色々なサイトを見てみると、最初にリンクしたサイトが上に来ていて、 後からリンクしたサイトが下に続いていっている所を..
Weblog: ディスカバリーネット~初心者編~
Tracked: 2007-02-09 00:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。